Skip to content

農家がやっているねずみ駆除のやり方とは何か

農家がやっているねずみ駆除のやり方には、粘着型の罠を使う、進入できない倉庫を設置、大きな罠を所持しているなどが挙げられます。

例えばビニールハウスの周囲にねずみが現れ、内部に入ろうと画策していたとします。農家は周囲に落ちている糞からその気配を察知して、駆除目的で糞が落ちていた付近に粘着型の罠を置きます。罠を置いたらその中央部分に、野菜の破片のような物を乗せて誘き寄せます。すると、早ければその日の深夜のうちに駆除が終わります。

収穫された野菜や米は生活維持につながる大事な物なので、大事に倉庫に保管することになります。ですが、穀物は独特な香りを放つことから、ねずみが発生する確率を上昇させます。ところが、農家は長年の経験でそれを認識しているため、保管してある倉庫の足元をねずみ返しにしています。途中までなら登れますが、上にいけない仕組みになっているので、試行錯誤をしているうちに空腹となりその場を離れていきます。畑の農作物が荒らされた時は、農家の人達はその野菜の嚙み口から大きさを判断します。

大きい歯型だった際は、大きなカゴのような罠を畑に設置して、その中にチーズのみじん切りにした物を入れます。大きいねずみは危機管理が備わっているので、人間が何かをしようとするとすぐに逃げてしまいます。そのため、畑で作業するのは昼間だけにして、夜は行かないという作戦を立てます。すぐには無理ですが、遅くても1週間以内には捕獲ができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です