Skip to content

強力な臭さが寄せ付けない忌避剤でねずみ駆除

ねずみ駆除は、忌避剤を使って侵入しにくくさせることも重要です。

ほかの方法と併用したほうが効果が高いですが、忌避剤もしっかりとした使い方をすれば問題の解決に役立ちます。設置するタイプとスプレーによる忌避剤があって、どちらもずっと効果が続くわけではないため設置しなおしたり、再度スプレーする必要があります。特に屋外の壁などにスプレーする場合は、雨や風などの影響で効果が弱まりやすいので、頻繁に吹きかけておく必要があります。

犬や猫などを飼っている家庭では、忌避剤利用に注意が必要です。臭いが強烈なので近づくことはあまりありませんが、舐めたり食べたりしないように注意しましょう。設置するタイプは、1か月から2か月程度の長期間効果が持つタイプが多くなっています。外から見て、忌避剤が減ってきたとわかるタイプは交換時期が把握しやすいですが、見ることができないタイプは使用開始した日付を覚えておいて、説明書に書いてある交換時期に合わせて取り換えるようにします。ねずみ駆除の忌避剤に使われているのは、ハッカ油などハーブが多くなっており、ワサビが含まれていたりトウガラシが使われているものがあります。

臭いをかいでもツンとするくらいですが、成分が手についたりするとヒリヒリすることがあるので、すぐに水で洗い流した後に石鹸などできれいに落とします。ふたを開けたり、におい成分を出すために差し込んだりするとき、はねて目に入らないように注意が不可欠です。ねずみ駆除が終わった後は、地域のゴミ分別に合わせて処分します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *