Skip to content

コウモリ駆除 知っておくべき事

日本の住宅に住み着くコウモリは「アブラコウモリ」と呼ばれる種類のものです。

とても小さくて体長4~6cm、体重5~10gしかないく、2cm程度の隙間から出入りすることが可能なので、屋根裏や戸袋、または車庫のシャッターの中などを住居にすることが多々あります。糞がたまったり、感染症の伝染の可能性もあるので駆除の必要がありますが、鳥獣保護法で保護されている生物のため、殺傷したり、捕獲したりすると、罰則を受ける可能性があります。

そこで、コウモリ駆除とはコウモリを追い出し、住み着かれないように対処するということになります。その方法を紹介します。まず、蚊取り線香か燻煙式殺虫剤を炊いてください。煙はあくまでも一時的な対策で、臭いが消えてしまえばまた戻ってきます。そこで、煙とともにコウモリが逃げて行く時コウモリの出入り口を確認しておき、煙で追い出した後出入り口を塞いでください。またはコウモリを追い出した後、コウモリの住居だった隙間や出入り口などに磁石を置くのもコウモリ駆除には効果的です。なぜかというと、磁石はコウモリの出す超音波を狂わせるからです。

コウモリは視力がとても弱く、また暗闇で飛ぶため、目の変わりに喉から超音波を出し、反射してきた超音波から位置情報など様々な情報を得るのです。コウモリは7月、8月が繁殖期です。生まれたての子供は飛べないので追い出すことができません。また11月~3月ごろは冬眠時期でコウモリはほとんど動かなくなるので駆除には適さないと言われています。ということでコウモリ駆除に最も適したな時期は4月~6月または9月~10月です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *