Skip to content

コウモリ駆除での注意点

基本的にコウモリはユスリカや蛾などの虫を捕食してくれるため、益獣扱いされています。

そのため、鳥獣保護法で保護されているため無許可で捕獲したり殺処分したりすると、法律に触れる可能性がありますのでコウモリ駆除には注意が必要です。とはいって排泄物などから他の虫が湧いたりする二次被害も考えられますので、住みつかれた場合はお引き取り願うのが良いでしょう。難しい場合は専門の業者の方に頼むと良いでしょう。家屋の天井や天井裏、雨戸の戸袋や高速道路の橋脚の隙間など人為的な空間に生息する唯一のコウモリがイエコウモリです。アブラコウモリとも呼ばれます。

このコウモリは体長が4センチから6センチ、重さが5グラムから10グラムと非常に小型で2センチ弱の隙間があれば侵入してきます。夜行性で夕方から宵の口にかけて一斉にねぐらから飛び立ち捕食行動に入るため、この時間にコウモリ駆除の対処を行うのがいいでしょう。中に残っていると繁殖してまた増えますので、虫用の燻煙剤や忌避スプレーなどで完全に追い出します。長時間は効きませんのでなるべく素早く隙間をパテや、金網で埋めます。また目が非常に弱く超音波で物を確認する習性から強力な磁石も効果的とも言われています。ホームセンターや100円ショップなどで購入可能です。コウモリは7月から8月にかけて2匹から3匹出産し子供は1カ月で巣立ちます。そのためこの時期はコウモリ駆除には向きませんので他の時期に行いましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *