Skip to content

ネズミの駆除の効果を高めること

ネズミの駆除の方法として薬剤が含まれたエサと粘着剤の併用が挙げられます。

ネズミを見かけた場所に薬剤が含まれたエサと粘着剤を設置します。ネズミはとても警戒心が強い動物なので、最初はエサも食べず、粘着剤に入ることもありませんが、その環境に慣れるとエサを食べることがあります。そうすることで薬剤の効果により、警戒心が弱まり粘着剤に入ります。侵入したネズミを確実に駆除することができます。ただ、ネズミはエサを食べる場所、運動する場所を決めています。よく見かける場所でエサを食べないのであれば、そこはエサを食べる場所ではないと判断できます。そのような場合にはネズミがエサを持ち帰ることができるタイプのものを選ぶといいです。

巣に持ち帰り、食べるので被害のある家屋では駆除できなくても巣で駆除することができるからです。この場合、巣への道、あるいはエサを食べる場所が分かればその周辺に粘着剤を設置すると効果を期待できます。ネズミの駆除では臨機応変さも必要と言えます。

ネズミの駆除において薬剤を含んだエサを使用する場合は即効性は期待できませんが、ネズミの習性を知ることによって確実に駆除することができます。少なくとも1週間程度は設置したままにしておき、様子を観察することが重要です。効果を高めるためには同時に、どのような箇所に侵入した形跡があったかなどをメモしておき、分析することも効果を上げるために有効な方法と言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *