Skip to content

イタチ駆除の必要性と方法について

イタチは狭い隙間の通り抜けが出来る・雑食性である・垂直に壁を登る事が出来るといった性質から、現代的なヒトの居住空間に共存・依存する事の出来る動物です。

天井裏や床下にネズミの被害が発生したかと思いきや、実はイタチだったというケースは意外に良く見かけられます。イタチが住み着いた場合、糞尿が強烈な臭気を放つ性質がある為に、これによる被害を被る事となります。直接的な悪臭の問題のみならず、ハエ等の他の害虫を呼び込む原因にもなってしまいます。また特に天井裏に住み着いた場合、そちらで繁殖してしまうケースもあります。

ヒトの居住空間においては明らかに害獣と言える存在であり、従ってイタチ駆除を行う必要性があると言えます。イタチ駆除の方法としては、侵入口になっていそうなところを細かな目の網で塞ぐという方法がまず考えられます。また嗅覚が発達しているので、忌避剤や木酢液の使用も有効なケースがあります。忌避剤の場合、匂いの拡散が少ない固形タイプの方が良いとされます。

他のイタチ駆除の方法としては、罠を使っての捕獲も有効な場合があります。実際に侵入している個体を直接的に攻撃出来るという利点は、魅力があると言えます。40cm近くに至る個体も居るので相応の罠が設定出来るスペースを要しますが、通り道を上手く認識出来れば比較的安全に捕獲を狙う事が出来ます。逆に直接的に攻撃を加える方法は、好ましく無いと言えます。敏捷性が高く攻撃的な性格でもある事から、思わぬ反撃を食らう可能性があります。基本的にはこれまで記したように、間接的な対処を取るのがポイントと言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *