Skip to content

害獣による人への被害と害獣駆除をする時の注意点

家の天井裏で鳴き声や足音がする、天井裏から強烈な悪臭がする、家の中の食べ物が食べられたり荒らされたりする等は害獣が建物に侵入して住み着いている可能性があります。このような被害を出す害獣と被害の事例、害獣駆除の対策を挙げていきます。近年では、アライグマやハクビシン、イタチ等の害獣が畑の農作物を荒らし被害額が増えており問題となっています。害獣による被害は拡大しており、住宅に侵入し天井裏にも住み着くようになっています。

天井裏に住み着く害獣にはアライグマ等の他にネズミやコウモリ等もいます。特にネズミの1種であるクマネズミが都市部で繁殖しており、被害も深刻なものになっています。これらの害獣の糞や尿は病原菌やウイルスなどの感染症の媒介するので、人間に感染すると病気を発症します。害獣に咬まれると狂犬病や鼠咬症等の病気を発症します。

寄生虫やダニ等が害獣の体に付いており人間に吸血やアレルギー被害を与える恐れがあります。病気の感染防止の為害獣に素手で触れないようにして下さい。害獣の糞や尿で建物にシミが出来たり木材が腐ったりする事があります。ネズミが建物や電気配線、配管を齧るので火災等の事故が実際に起きています。

被害を受けた場合の害獣駆除には注意点があります。鳥獣保護法や特定外来法等の法律の対象となっている動物がおり、被害を受けているからといって勝手に捕獲して処分することが禁止されています。捕獲する場所の自治体に被害を受けた旨を説明し許可を得た上で害獣駆除を行うことになります。燻煙剤や木酢液等の忌避剤を使用しての追い出しは許可を受ける必要はありません。

早急な害獣駆除を行い被害の拡大を防止しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *