Skip to content

害獣駆除の種類と注意点

アライグマやハクビシン、イタチ等が農作物を食べたり住宅に侵入して人や建物に被害を与える害獣となり、その数が増えています。害獣が建物に侵入していることに気が付いたら追い出す対策を行ってみましょう。まず、害獣が嫌がる臭いがする忌避剤です。忌避剤の成分は侵入した動物の天敵の尿の臭いで、アライグマやハクビシン、イタチにはオオカミの尿が効果があるといれています。

この忌避剤を侵入経路や住み着いた天上裏に撒きます。害獣は天敵の臭いを嫌がって建物を近づかなくなります。木酢液も忌避剤と同じように撒くと臭いを嫌がり建物を避けるようになります。害虫や害獣駆除の燻煙剤の煙で追い出す方法もあります。

イタチは強い光を恐れるのでいきなり強い光を向けると逃げ出す事があります。このような方法で追い出す事が出来ない場合は、捕獲して駆除することになります。害獣駆除をする場合には注意することがあります。被害が出ているからといって害獣を勝手に捕獲したり処分することは禁止されています。

これらの害獣は鳥獣保護法や外来法等の対象となっていて、捕獲する際には自治体に捕獲の許可を得なければいけません。建物に侵入して巣を作るイエネズミは法律の対象外となっていますので、自治体に許可を取る必要はありません。しかし、ネズミの数が多い場合は自分達で駆除を行うことが難しくなります。このような害獣の被害にあったら害獣駆除の業者に相談してみましょう。

時間の経過とともに被害が拡大しますので早めに対策を知る事が大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *