Skip to content

ハトも害獣駆除の対象

公園や駅の構内でよく見掛けるハト。このハトも害獣駆除の対象になる動物で、害獣駆除業者の相談でもハトの相談はかなり多いのです。家屋や倉庫、ベランダやガレージ等に巣を作ります。ハトの被害は糞害が主で、糞による金属の腐食、建物の痛み等があります。

また、糞に含まれる病原菌等が糞を通して広がる衛生面での被害もあります。ハトは人馴れしている場合が多く、巣を作られてしまうとなかなか退治することができません。爆竹や大きな音で追い出しても、その場は驚いて逃げていくのですが、しばらく経つとまた戻って来てしまうのです。また、鳴き声や羽ばたく時の音による騒音被害もあります。

ハトの糞はダニやゴキブリ等の害虫の発生源になるほか、寄生虫、病原菌を媒介します。トキソプラズマ症やサルモネラ菌、ニューカッスル病、クリプトコッカス症などを引き起こす原因にもなります。特にクリプトコッカス症は骨膜炎、脳炎の原因になり、命に関わって来ます。ハトは同じ場所に糞をする習性があり、その糞を目印にまた糞をします。

他にも、根気強い、帰省本能が強い、一度決めた場所への執着が強い傾向がありますので、自宅のベランダなどに住み着かれてしまった場合は撃退が困難になります。防ハトネット等で自衛する手段もありますが、適切に取り付けないとハトにとっての安全地帯になってしまいます。その防ハトネットの中で巣を作り、繁殖してしまうという危険性もありますので、駆除や撃退を考えているなら害獣駆除の業者に相談してみた方がいいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *