Skip to content

害獣駆除には申請が必要で手続きが大変面倒です

害獣駆除については、害があるのだから全て駆除していいというものではありません。害獣として広く知られていながら保護獣でもあるという動物もいます。法律的には、鳥獣保護法、狩猟法、動物愛護法、外来動物法などや条例があり、損害が発生したからといって許可なく駆除することはできません。害獣駆除を行うには申請が必要で都道府県により異なりますが、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミ以外の哺乳類や鳥類を捕獲するには必ず都道府県の知事から許可を得てから、具体的には農業更新センターや保健所などに申請し、許可が降りてから始めて捕獲することができるのです。

例えば屋根裏に住み着くことが多く、大きな被害をもたらすハクビシンも許可無く駆除してはいけない害獣です。ハクビシンは外来種ですが、いつから日本に入ってきたのかが特定できていないため「特定外来生物指定」がなく、駆除対象になっていません。このため駆除するにはまず、実害であることを理由にした鳥獣保護法に基づく許可が必要になってしまうのです。ハクビシン以外にも鳥獣保護法により駆除をする前に実際に被害があることを証明し、許可を得なければいけませし、檻カゴでの捕獲には狩猟免許という資格が必要になります。

また手続きも大変面倒で、捕獲から処分まで様々なことが必要になります。アライグマなどは「特定外来種」に指定されているので、捕獲してもその場所から動かすと罰せられますから、捕獲した場所で安楽死させねばなりません。自分の家が損害を被っているのに害獣駆除がこれだけ面倒なのは、一方で動物愛護の観点から捕獲が厳しく規制されているためです。なお、許可から駆除まで全てをやってくれる専門駆除業者がいるので、業者に依頼することも検討する必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *