射出成形の仕組みについて

プラスチックなどの樹脂素材を、金型に流し込むことで製品を作る仕組みが射出成形です。この仕組みは構造が複雑な樹脂製品を、短時間で大量に生産することに向いています。射出成形の詳しい仕組みを見ていきます。まず金型の型締めを行います。

金型にきつく蓋を閉じる作業です。緩すぎると製品にバリが発生してしまいますが、きつすぎるとそもそも樹脂が圧力に耐えきれず破損してしまいます。材料に合わせた調整が必要な作業です。その次は可塑化とノズル接です。

シリンダー内部に材料となる固形樹脂を入れ、外部ヒーターで溶かす作業が可塑化です。十分に溶けたら、シリンダー先端のノズルを、金型の注入口に接続します。これがノズル接です。ノズル接が完了したら、金型に樹脂を射出します。

一定の速度で金型に流れこむように、シリンダー内部に一定の圧力を加えることを保圧と呼びます。金型に流し終えたら、冷却を行い固めます。金型内部を流れる水やオイルによって冷却されます。急速な冷却は製品内部にムラを発生させるため、高めの温度で緩やかに冷却します。

射出成形の最後の工程は型開きと突き出しです。型締めの際に閉じた蓋を開けることを型開きと呼びます。型開きをすると、開いた蓋に固まった製品が貼り付いています。蓋にはエジェクターピンと呼ばれる、製品を押し出すためのピンが貫通しています。

エジェクターピンを押しこむことで蓋と製品を剥離する作業を突き出しと呼びます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*