射出成形の仕組みやメリットについて

射出成形はプラスチックなどの合成樹脂を用いて作られた製品や、部品を金型を用いて加工する最もメジャーな方法となります。プラスチック等の材料は加熱して溶かし、金型に流し込んで冷却することで目的の形状に仕上げることが出来ます。射出成形の特徴の一つに複雑な成形にも対応することが可能であり、連続して加工を行えるので大量生産にも適している加工方法として幅広い分野で使用されています。射出成形の仕組みは、金型が開かないように金型を閉じて締め付ける型締めを行い、ノズルを押し付けて溶融した材料を金型の中に圧力で流し込み、圧を保ちます。

後は注入した材料が固まるように冷却を行い、整形後金型を開けば成形品が完成する仕組みとなります。では射出成形を利用するメリットには、様々な形状やサイズの製品や部品の加工が行えることが挙げられます。複雑な形状でもしっかり対応できることや、射出成形で加工後は仕上げなどの後加工工程がほとんど必要ありません。そして連続して大量に素早く加工が行えるため、非常に生産性が良い加工方法であるメリットがあります。

初期投資として製品に合わせた金型の制作が必須ですが、一度金型を作れば製品の生産時には材料のみ準備すれば問題なく加工することが出来ます。また用途としてはドライバーやハサミの取っ手、雑貨などの日用品やスマートフォン、パソコンやテレビゲームのコントローラーでもこの加工方法が使用されており、多くの人の暮らしに欠かせない非常に重要な仕組みを持つ加工方法であることがわかります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*