射出成形の仕組みは簡単で種類が多い

射出成形とは、金型を用いてプラスチックなどの素材を加工する技術の一つを言っています。まずブラスチックなどの素材に熱を加えて、溶かしてから金型に流し込みます。金型に流し込んだ後はしばらく冷やしておき、素材が固まることで目的としていた形になっていくのです。この作業は注射器を用いて液体を流し込む様子に似ていることから、射出成形はという言葉が使われるようになったとのことのようです。

射出成形は、工程によってさまざまな名前がつけられています。最初は流す作業、次は固める作業です。続いて取り出す作業へと移り、最後は仕上げ加工という作業になるのです。加工の現場でも、この簡単な呼び方が用いられることが多いようです。

この成形は工程の種類は多いのですが、複雑な形状のものでもスピーディに数多く作ることができるので、さまざまな種類の日用品がたくさん作られているとのことです。射出成形を行う機械に関しては、サーボモーターで動く電動式のものから油圧モーターで動く油圧式のもの、その二つを合わせたハイブリッド式のものなどいくつかの種類のものがあります。この成形の機械を部分的に見てみると、金型に送り込む部分は射出部と呼ばれていて金型をセットする部分は型締部と呼ばれています。実際の現場では、一回の射出成形で複数の製品を作るために溶かした材料がすべての製品に均等に流れていくことが重要になるとされています。

そのためには、金型に工夫を凝らした設計も必要とされているのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*