切削加工の意味とはなにか

金属加工において、素材を削りながら加工していく方法を切削加工と言います。意味は名前の通り、金属・木材やプラスチックなどを削ることで加工する、ということです。この切削加工は精密板金業界において、非常にハイレベルな技術を必要とすることで知られています。日本の中小企業工場の金属加工技術は、モノづくりの文化の極みにあるものです。

その高い技術は、宇宙衛星や海底中継部品といった貴重な部品の製造にも役立っています。切削加工はこうした製品を製造するために編み出された技術でもあるのです。アルミやチタンといった金属は、本来であれば加工がしにくく穴をあけることも難しいものと言われています。切削加工に優れているというのは、こうした硬質金属すらも加工が可能であるという意味を持つものです。

現在、この技術はコンピューターに内蔵される半導体の分野で役立っています。切削加工の技術が衰退することは、こうした科学分野の発達が遅れることを意味していると言えるでしょう。いわゆる町工場と言われる企業では、鏡面仕上げや歪みの抑制技術、極薄の金属加工に力を入れています。試作品のみの対応や、小ロットからのオーダーにも柔軟に対応している企業も多く、小さな工場で製造された金属部品が実は大企業のシステムや開発を支えているということも珍しくありません。

今後はこれらの加工技術スキルをより向上させることで、さまざまな分野の飛躍が期待出来ます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*