製造業で多用されている射出成形とは

射出成形とは、プラスチックなどの樹脂を使って製品を大量に生産する際に使われる成形方法のことを言います。現在では多くのメーカーで導入されていることから、射出成形とは製造業にとってなくてはならない技術となりつつあります。射出成形とはどんな製法なのかしっかりと理解しておくことで、製品の改良に生かすのも良いでしょう。その大きな特徴は、製品の金型の中に樹脂を強い圧力を加えて流し込む点にあります。

金型の一箇所に注入口を開けて、そこから一気に樹脂を流し込みます。こうすることで余分な樹脂がはみ出すことがなく、バリなども少なくなり仕上がりがきれいになるのが特徴です。圧力を加えて流し込むため、樹脂が隅々まで行き渡るのもこの成形方法の特徴です。例えばたい焼きのように金型の両面に樹脂を流し込む方法では、どうしても行き渡らないことが出てしまい成形不良に繋がります。

そうしたトラブルを防ぐことができ、製品の不良品率を下げることができるのがこの成形方法の良いところと言えるでしょう。製品の仕上がりを良くするには、樹脂を適当な柔らかさに調整する必要があります。一般的には熱を加える方法が用いられており、溶かして緩くなったものを金型に流し込んで成型しています。時間が経つと樹脂は冷えて固まるので、そこで金型をひらいて取り出すというわけです。

正しい綺麗に樹脂を流し込むにはコツがあり、初めていきなり簡単に仕上がりの良いものを作ることができるというわけではありません。成形品をきれいに仕上げるには経験や技術が要求されます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*