プラスチック加工で用いられる射出成形とは

射出成形とは、金型を使った成形方法の一つです。プラスチックなどの解ける物質を金型の中に流し込んで、冷やすことで形を作っていきます。プラモデルもこの方法で作られるのでイメージしやすいでしょう。射出成形という名前がついているのは、物質を流し込むのが注射器で液体を注射する様子に似ているからです。

射出成形とはこのような特徴を持つ加工方法ですが、メリットは様々な形状に加工できることでしょう。液体を溶かすことで金型の形に合わせられるため、細かかったり複雑であったりする形状でもきれいに仕上げることができます。そのため、切削等では加工が難しい細かなパーツなどを作る場合に向いている方法です。さらに、一度金型を作っておけば、あとは同じ部品を大量に生産できるのもメリットとなります。

大量生産をすれば部品の単価も抑えることができるので、低コストで大量のプラスチック製品を作りたい場合にも最適です。したがって、プラスチック製の大量生産品を作る場合にもよく使われています。ただし、金型を作るのには時間がかかり、初期投資としてのコストはそれなりにかかります。つまり、最初の投資は大きくなるけれども、それが終わった後はコストを抑えられるというイメージです。

一般的なレベルの製品作りには向いていますが、厚くしたり薄くしたりといった加工をすることは難しくなります。そのため、向いている囲うと剥いていない加工を見定めて、向いている加工に使うことが求められます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*