射出成形とは、合成樹脂の加工法

射出成形とは、プラスチックをはじめとする合成樹脂を加工する方法のひとつです。ペレット状の合成樹脂の材料を加熱して溶かして、金型の中に流して充填し、冷やし固めることで形を作ります。その後、金型から製品を取り出し、仕上げ加工を施します。射出成形と呼ばれる理由とは、金型に溶かした樹脂を送り込む様子が、注射器のようであることにあります。

一連の作業は専用の機械を使って材料さえ入れてしまえば、製品の取り出しまですべてが自動でおこなわれます。射出成形では、精巧な金型があればどのような形でも正確に素早く量産することができます。そのため、家電や自動車部品、日用品など、さまざまな分野のあらゆる製品に広く使われています。上述のように、機械さえあれば簡単に大量生産が可能なことが、射出成形の最大のメリットとなってます。

また、自動化されているので、製品の出来にむらがなく品質が安定することや、人件費の節約につながることもメリットとされています。しかし、射出成形で製品を作る際には、まず、金型を製作しなくてはなりません。金型とは読んで字のごとく金属でできた型ですが、金型の出来が製品の出来に大きくかかわってくるという大変重要なものです。この金型製作に、ある程度の時間と費用が掛かってしまうことがデメリットとなっています。

ほかにも、厚みの大きいものや極端に薄いものなどは作りにくいということもデメリットにあげられています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*