射出成形とは主に熱可塑性樹脂の加工で用いられる

「射出成形」とは、加熱し溶かした材料を、金型の中に入れて加工する成形法であり、インサート成形あるいはインジェクション成形と呼ぶこともあります。代表的な材料がプラスチックなどの熱可塑性樹脂と言われるもので、軟化温度まで加熱したのち、射出圧を加えて型に入れ冷却して固め成形をおこないます。この成形法で使用される金型とは、材料となる樹脂などを目的の形に成形するために用いられる金属でできた型のことです。金型は、加工過程においてきちんと温度管理がされ、油や湯を用いて調整されています。

この加工法は、複雑な形の物でも大量に処理することができるため、射出成形とは成形加工分野において最もシェアを占める成形法だとも言えるでしょう。また、多色など特殊な加工法も可能としていますので、1つの型に複数の装置から射出をかけて成形をおこなうことも出来ます。もっとも生産されるのが2色使用したものであり、コンテナやパソコンのキーボードなどで使われることが多いです。この成形法の工程は、一般的に「型締め」「射出」「保圧」「冷却」「型開き」という順序でおこなわれるのが一般的です。

この過程を繰り返すことで、連続して製品を作り出すことが可能になります。使用される機械は、「射出成形機」というもので、これは「型締め」と「射出」という2つのユニットから成っています。型締めユニットは、金型を開けたり閉じたりの動きをし、さらにトグル式と油圧シリンダーを使って直接開閉がおこなえる直圧式に分かれます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*