射出成形とはどのような作業なのか

射出成形とは、プラスチックの一般的な成形法で合成樹脂(プラスチック)などの材料を加熱して溶かし、金型に送り込んだ後に冷やして成形します。その作業工程はまるで注射器で金型に溶かした材料を流し込んでいるように見えることから、射出成形と呼ばれているのです。そんな射出成形のメリットとは、量産性に優れている点が挙げられます。というのもこの手法は金型さえ作ってしまえば合成材料の量に応じて色々な形のものを作ることができますし、どんどん量産できるので大量生産したいものを手軽に作り出せるようになっているのです。

このためサイズや形を自由に変化させて作ることができるほか、仕上加工が少ない、他の手法ではできない美観や機能に関する多種多様な付加価値をつけられるというメリットも魅力として注目されています。ではデメリットとはどのようなものがあるのかというと、一部の制約が設けられているところです。そもそも射出成形はある程度形を自由に形成することができるメリットがあるものの、金型を使っているので型から抜ける形にしなければいけません。また極端なサイズのものは作り出せないので、結果的にサイズや形に関して多少なりとも制約を受けているのです。

ほかにも金型を作った後の制作時間やコストはそこまでかからないものの、金型そのものを作り出すためにはそれなりの時間やコストがかかります。その点を踏まえて利用するか検討しなければいけないのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*