切削加工の定義について

切削加工(せっさくかこう)の定義とは、金属・プラスチック・木材などの素材を原料にした物に刃物を使用して品物を要求された形状にしたり除去することで加工をする機械加工(中には人力で加工する方法もあります)を意味し、切削加工専用の工具を用いて削るため除去加工と呼ばれる場合もあります。私たちが経験したことのある切削加工は学生の頃、美術の授業時間に彫刻刀を使って作品を作ったあの行為が定義にあたり、意外なところでは木材をカンナで削る・リンゴの皮を包丁で剥く・大根おろしを使ってする行為も定義に入ります。難しい言葉なので難しく考えてしまいがちですが、大きく考えるとこれらすべてが加工になるのです。切削加工には大きく分けて旋削(ターニング)・フライス(ミーリング)・穴あけ(ドリリング)の3つの加工があり利用する工具は、刃が1つの単刃工具と複数の刃の多刃工具になり、それぞれの加工方法に合ったものを使用する必要があります。

旋削(せんさく)加工は旋盤(せんばん)という素材を固定し回転させる機械と、素材を削るバイトという単刃工具を当てて削る方法で丸い素材を扱うのに適していますがフライス加工は逆に、刃を回転させて加工し四角い素材を扱うのに優れておりイメージとしては豆腐を包丁でスッと切るような感じです。穴あけ加工はドリリングと呼ばれる言葉通り、工具を回転させ素材に穴をあけるのですがテーブルの役割を果たすボール盤・穴を開けるためのドリル・穴をあけた後に表面をきれいに整えるリーマという工具が使われています。切削加工の定義のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*