切削加工の定義について

私たちの身の回りには様々な工業製品が利用されています。身の回りにある製品の形態を見ると色々な加工が施されているということが分かります。通常工業製品は、原料から不純物を取り除き簡単な形に成形された材料を加工して作り出されることになります。その際の加工方法には異なる定義の加工技術がありますが、金属に限った場合でも定義されるものが複数あります。

それぞれ、どのような材料を利用するかということにも関係してきています。また一つの材料に複数の加工法が利用されるという場合もあります。加工法の一つとして塑性加工というものがありますが、これは金属の板や棒などを曲げて加工するというようなやり方です。このような加工技術を利用してできたもので私たちの身の回りでよく見るものには、缶詰などの缶が知られています。

特に最近の飲料では、一枚の金属板を絞りという塑性加工させることによって缶にしているという場合もあります。そのような加工法と相対するものとして切削加工というものがあります。切削加工の定義は、材料の大きな塊を名前の通り切削することによって製品とする方法です。この切削加工の技術で作られた製品というものも、社会において数多く見られます。

特に細い表面形状などが要求される場合にはよく用いられる加工法です。この切削加工には、表面を削り取るというだけではなく、材料に穴を開けるなどというような加工法も含まれます。切削加工の際には、材料に比べ高い硬度のバイトいやドリルなどを使い削り取るというような事が行われます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*