切削加工の定義を知る

切削加工とは、工具を使って金属素材を特定の製品や部品にする方法のことです。主に金属加工の場で切削加工という言葉が用いられますが、定義からすると木材加工やプラスチック加工でも用いることが出来ます。例えば、大工さんがカンナやノミで木材を加工することも切削加工という事が出来るのです。大工さんの場合は、人力で行うことが多いですが金属加工の場合は機械の力が必要になってきます。

プラスチック加工においても言えますが、プラスチック加工は熱で加工することが多く、切削加工は穴を開けることが多いです。それで、定義的には木材やプラスチックにも当てはまりますが、主に使用されているのは金属であることを理解することが出来ます。そして、加工する時には多くの工作機械や工具が必要であるという点も知ることが出来るのです。切削加工は機械を使いますし、金属が相手なので危険が隣り合わせの仕事と言えます。

工具や機械の扱いを間違えると事故が起こる可能性がありますし、ケガのリスクがあります。それで、作業する人には細心の注意が求められますし、危険予測能力が求められるのです。定義を理解することは、金属加工の入り口にすぎません。日本の金属加工の技術は優れており、世界中で用いられています。

小さな部品であっても安全基準を守られており、しっかり検査されていると知ると安心感が生まれます。そのような製品や部品を作っている人に感謝できると言えるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*