産業工場で重視される切削加工の定義

日本は先進国のなかでも、非常に優れたモノ作りの国として高い知名度を有しています。戦前から鉄鋼業が盛んで、九州から西日本、北海道に大規模な製鉄所が点在しています。現在も鉄鋼の輸出量はアメリカの2.9倍となっており、高品質な建材を各地に輸出をしているほどです。必ず輸出をされる前は製鉄所で切削加工をなされますが、この加工に至るまでには各会社で用意している定義に従っているのがポイントです。

ここでは計4つの企業が用意している切削加工の定義について、詳しく見ていくことにしましょう。まず九州に本社を構えているところでは、レーザー照射器を用いて表面を研磨する定義に重きをおかれていました。全体に手を加えるのではなく、あくまでも表面だけとしているため切削加工後の質量に大きな変化はありません。西日本から関東にある企業の場合は、一度鍛錬をしてから出荷をするという切削加工の定義に従った生産となっていました。

ここではおもに合金を生産しているのが特徴になるため、高品質で見た目も美しい加工をそいなくてはいけないということです。なお、切削加工の定義は1990年代までは日本製鉄加工協同組合という組織が、すべての加盟企業に向けて指示を出されていました。ところが生産方法や目的が各社で異なることを受けて、一律の内容では通用しなくなったわけです。それ以降は各社が定めた内容で統一されるようになり、現在のようなスタイルで実施をされています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*