ポイントを守って切削加工への影響を避けよう

作業の仕方によっては様々な影響が切削加工に出てしまいます。長年磨いた技術を持っている職人であっても、切削加工への影響をすべて予測できるわけではありません。ついうっかりの動作や設定により、もしかしたら何らかの事態が起こるかもしれない、工具が予測とは異なる動きをするかもしれないなど、しっかりと注意を向けながら作業することをおすすめします。切削加工への影響が考えられるのは、摩擦や熱、あるいは加工の際の速度といった要素です。

これらの要素へ注意を払うことで、より正確な加工を行うことができるでしょう。工具と素材が触れ合い、摩擦が発生することで加工は進みます。摩擦は抵抗力でもあり、自由度の高い加工を行える一方で、油断すれば悪い影響が出る可能性もあります。素材に対して工具の種類は合っているか、セットの仕方は適正といったポイントを作業前にチェックすることが大切です。

作業中の摩擦によって熱が発生することを知っている人も多いのではないでしょうか。高速で回転する工具と素材の間に火花が発生することもあります。休憩を挟まずに加工を続けると光熱が発生します。適度な休憩を挟みながらの作業が最適です。

加工速度は作業者自身の技術力にもよるものです。急いでいるからといって持っている技術以上の速度で作業を行うと、切削加工に影響が出ます。品質を落とさないためには余裕を持って作業を進めましょう。これらのポイントはスムーズに加工を進める上でも必須となっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*