切削加工が抱える問題に対処するには

切削加工は金属や木材などを削って目的の形状を得る技術で、複雑な形状のものを作ることができるだけでなく製品の精度が高いという特徴があります。大工が鉋やノミを使って木材を削るのも切削加工の一種ですが、製造業の現場では様々な機械を使った加工が行われています。切削加工の代表的な方法にはフライス加工と旋盤加工があり、それぞれの機械には手動で操作するタイプの他にコンピュータは自動制御するタイプが存在します。手動で操作するタイプの機械には汎用フライスや汎用旋盤があり、高度な技術を持つ職人が使うと非常に高品質な製品を作ることができます。

フライス加工では回転軸に取り付けたフライス盤という切削工具を回転させ、固定した工作物に断続的に当てます。表面を平面や曲面に加工したり、穴開けや溝削りなど様々な加工が可能です。旋盤加工は円筒形状の工作物を回転させ、主軸に固定したバイトと呼ばれる刃物状の工具に当てます。外周を円形や先細形状にしたり、穴開けやねじ切りなどの加工が可能です。

作業員が手動で機械を操作して切削加工を行う場合、1個の製品が完成するまでに時間がかかり切屑も多いという問題があります。この問題を解決しなければ、高品質な製品を低コストで大量生産することは不可能です。コンピュータで制御するタイプの機械にはNCフライスやNC旋盤があります。これらの機械は様々な条件を自動的に制御するため効率的な加工が可能で、材料の無駄も抑えることができます。

NCフライスやNC旋盤は切削加工が抱える問題を解決し、価格を抑えて高品質な製品を提供するために役立っています。切削加工の問題のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*