切削加工の特徴と問題について

切削加工は金属や木材などの素材を工具で削って目的の形状を得る技術ですが、製造業の現場では様々な機械を使った加工が行われています。金属などの素材を削る方法には工作物を固定して工具を回転させるものと、反対に工具を固定して工作物を回転させるものがあります。前者の代表的な方法がフライス加工で、汎用フライスやNCフライスなどの機械が使われています。後者の代表的な方法は旋盤加工で、汎用旋盤やNC旋盤などの機械が存在します。

汎用フライスと汎用旋盤は作業者が手動で操作するタイプで、熟練した職人が使えば精緻で高品質な製品を作ることができます。NCフライスやNC旋盤はコンピュータが内蔵されており、加工条件を自動的に制御してくれます。熟練の職人でなくても高品質な製品が作れるため、多くの工場で使われています。金属などに切削加工を施す場合、1個の製品が完成するまで時間がかかり大量生産が難しいという問題があります。

材料を削りながら目的の形状を得る技術なので、切屑が大量に発生して無駄になってしまい材料費が高くなるのも大きな問題です。コンピュータが加工条件を自動的に制御するNCフライスやNC旋盤ならば、効率的に切削加工を行うことでこれらの問題を解決できます。例えばNCフライスは自動運転なので省力化も可能なだけでなく、3DCAD/CAMソフトウェアの加工プログラムを使えば非常に複雑な形状に加工することも可能です。コンピュータによる自動制御を行うタイプの機械が普及し、コストを抑えつつ高品質な製品の大量生産が可能になりました。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*