切削加工の定義について

切削加工の定義は、「切削工具類を用いて対象物を切り削ることで対象物の形状を変形させる加工方法」のことです。対象物の形状を変形するための加工方法には切削加工の他にも、一例として研削研磨加工・鋳造加工・塑性加工などがあり、それぞれの加工方法で定義が異なります。例えば、塑性加工の定義は「物質の塑性を利用し、材料に大きな力を加えて変形させることによって、対象物の形状に加工すること」となります。つまり、対象物の形状を「どのような方法で加工するか」によって加工方法の名称は定義されているのです。

切削加工は、金属加工を中心に木材加工やプラスチック加工など、多様な造形作業において一般的な加工方法です。現在では、主に機械の力を利用した専用の工作機械と多様な専用工具によって行われています。その加工に使用される工具を一般に「切削工具」と呼びます。切削工具には多数の種類がありますが、主な一例を挙げるとドリル・バイト・フライス・エンドミルなどであります。

これらの切削工具を用いることで切削加工を行うが、その原理を簡単に説明します。切削工具の刃先によって加工の対象物である被加工材を物理的に切り込んで割り裂き、被加工材の一部を削り出して、切りくずとして排除しながら、刃先を連続的に押し進めることにより加工が進んでいきます。この加工を繰り返すことで最終的に目標とする形状まで対象物を加工し変形させます。なお、加工の際には、被加工材が無理なく削り出される程度の深さで工具の刃先を入ることが重要であり、もし被加工工材に無理がかかった状態で加工を進めてしまうと、加工面が荒れるだけでなく対象物に亀裂が入ったり破損したりしてしまうので注意が必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*