切削加工の定義と使用する工具

切削加工の定義は金属や木、プラスチックなどの素材を削って加工をすることになります。金属など人の力をかりないと加工できない場合は、専用の機械を用いて切削加工を行いますが、木に代表されるような比較的柔らかい素材は手で加工することもあります。定義的には切って削って製品を作り上げることにあるので、機械を用いない工程であってもすべて切削加工と呼んでいます。切削加工にはフライスや穴あけ、旋削の3つに大きく分類されます。

フライスはミーリングとも呼ばれており、定義は刃を回転させて加工することにあります。四角い素材で行うことが多く、刃を回転させているのでぶれることなく削ることができ、なめらかに仕上げることが可能です。施削はターニングとも言い、素材そのものを機械で回転させて工具を素材にあてて削ります。フライスと反対の方法であり、旋盤を使用して素材を固定させ、バイトと呼ばれる工具で加工をします。

この旋削も大変きれいに仕上げることができ、金属を加工しているとは思えないほど繊細に作り上げます。穴あけは工具を回転させて素材に穴をあけるものであり、ボール盤やドリル、リーマなどの工具を用いて行います。リーマは穴をあけた後に精度を整える、または表面をきれいにすることができるものであり、加工する上でなくてはならない工具の一つです。穴あけなどは切削ではないように感じますが、建築板金の世界では広い意味でとらえられており、穴あけ自体も切削加工に分類されます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*