切削加工の特徴と定義

切削加工の定義は素材を削って製品として仕上げる点にあります。切削加工は一般的に金属において行われるように感じますが、プラスチックや木材でも行われます。身近なところでは彫刻刀を使用して木材を掘ることも切削加工として定義されます。さらに物を削ることを定義としていることからリンゴの皮を包丁出向くことも切削になります。

板金作業で使用される切削加工は、3種類あります。ターニングともいう旋削加工は削る素材を機械で回転させ、そこに工具をあてて削る方法です。専用の工具は旋盤とバイトであり、バイトと呼ばれる削り器には様々なものがあります。用途に応じて選ぶようになりますが、シャフトやボルト、ニードルなど細かな製品を作ることが可能です。

なお旋盤を使用するため丸い物を得意としており、加工の方法から円柱の形の製品ができあがります。ミーリングと呼ばれるフライス加工は旋削加工とは逆で、刃を回転させて加工をしていきます。そのため丸ではなく四角い素材の加工を得意とし、フライス盤と呼ばれる刃を利用して加工を行います。フライス盤も種類が豊富であり、主に使用されるのが正面や平、エンドミルとなります。

穴あけ加工も切削加工に分類されます。工具を回転させ素材に穴を開ける加工であり、使用する工具はボール盤とドリル、リーマの3つが基本です。穴あけは簡単な作業のように感じますが、開ける素材によってはしっかりと固定しないと穴が広がったり事故につながったりします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*