切削加工の基本と特徴

切削加工は専用工具を使って金属等を削る加工で、工作機械を用いるのが特徴です。肝心なのは設計図通りに仕上げることで、仕様にかなった材料を加工する必要があります。工作機械はそれを実現するために欠かせない道具となります。謂わば機会を生み出す母親のようなもので、重要な役割を担っているわけです。

工作機械を用いた切削加工は、日本が得意とする工業技術でもあります。それが優れたモノづくりに貢献し、日本の産業を支えてきたわけです。現在はグローバル化の波の中で、アジアをはじめ世界各国に日本初の加工技術が広まっているものです。一方、工作機械のデジタル化が進展しており、高精度な加工技術が普及しています。

但し、採取的には人間の微妙な技が活かされることで成立するわけです。工作機械では数値制御やコンピューター制御が主流ですが、切削加工には熟練の判断能力が要求されます。最先端の製造現場においても、機械によって様々な特徴があるわけです。それを見抜いて、最善の能力を発揮できるようにする必要があります。

切削加工のオペレーターは、機械の特徴に応じて常に最適な数値を入力します。即ち機械加工においては担当機械の個性に合わせた設定が重要になるというものです。加えて、工作機械の個性を知るだけではなく、工作機械の原則に立ち戻って判断する能力が不可欠です。切断や曲げ、やすりがけなど基本を忘れては良くなりません。

あくまでの、自分の技術の延長線上に工作機械を位置づける必要があるからです。切削加工の特徴のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*