切削加工の特徴と寸法公差について

切削加工は、母材となる材料を削り形を作る加工手法などの特徴があります。金型を使わないことも特徴の一つになりますが、金型を使う場合には取り数に応じて大量生産ができるメリットがあるけれども、切削加工は1つずつ母材を削り形を整える手法になるので、自動化ができない場合には大量生産に不向きな加工手法といえます。切削加工には、旋盤加工やフライス加工、穴あけ赤校や研削加工、きさげ加工などの5種類の加工方法を持ちます。旋盤加工は工作物を削り丸形状を作り、フライス加工は工作物を削り角形状を作る、穴あけ加工は工作物にネジ穴などの穴をあける、研削加工は工作物を砥石などを使って削り表面の仕上げを行う、そしてきさげ加工は工作物の表面を削って完全な平面を作るなど、それぞれの加工法の種類ごとに特徴があります。

部品を作るときに利用される加工手法になるのですが、主に精密機器で使用される加工手法で金型でも寸法公差を満たせる場合は樹脂成形やプレス加工などで行い、図面内で記載されている寸法公差が厳しいものなどで作用されるケースが多いようです。寸法公差は、許容範囲を意味するもので図面に記載してある数値を意味します。例えば、2.8±0.1に表記があるものは、2.7~2.9mmまでの間に入れば合格、仮に寸法測定で2.91mmになった場合は不合格です。許容範囲が0.2mmありますので、金型を削ったり盛ったりして修正することは可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*