製品の部品として活用される切削加工例

多種多様な分野で活用されてきた切削加工の例としては、自動車部品や油圧部品、精密機械部品などが挙げられます、自動車製造や電子機器、医療機器といったまったく異なる業種で必要とされる製品を作り上げ、その技術を支えて各分野の発展に寄与しています。また、幅広い素材を加工できるのも魅力と言えるでしょう。切削加工の例に挙げられる製品だけでも鉄系ではクロムモリブデン鋼や炭素鋼などの様々な素材が使われている他、ステンレス系や伸銅系の素材も利用可能です。ステンレス系では自動車製品やナットなどに使われるSUS303、耐食性などに優れたSUS304なども使われています。

伸銅系の素材では真鍮やカドミレス材、砲金などが利用できるのも利点でしょう。製品に合わせて素材を選択できる魅力的な加工技術であり、切削加工の例として挙げるだけでも様々な素材が使用されています。MCナイロンをはじめとした樹脂系、A5052などのアルミ系も使用されることが多い素材です。切削加工の製品例には噴霧器軸部品であるポンプシャフト、油圧機器部品のプラグ、真空機器部品のフランジなどがあり、いずれも製品の内部で稼働するため表立っては見えない部品です。

加工技術によって精密に作り上げられた部品は製品の中で重要な役割を担い、目には見えなくてもその分野を支える存在です。数え切れないほど日々作り続けられている切削加工の製品例は、日本の各分野において欠かせない加工技術となっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*