身近に存在する切削加工の事例はたくさんあります

金属加工を行う際には切削加工で製品やパーツを作っていることが多く、逆に言えば切削加工機が無い工場では品質に問題が出てしまうことや、大量生産ができないことでデメリットを感じてしまいます。殆どの金属加工の工場で導入をしている機械器具になり、特に精密性を求める際には欠かせません。切削加工という言葉に聴き慣れていない方は、どのようなパーツや製品を作り出しているのかを判断することができない方も少なくはありません。事例をあげると意外と身近な場所で採用されているものがあり、金属製のパーツ類などはこの技術を使っていることも目立ちます。

具体例ではドアに取り付けられているドアノブやレバーなども該当し、照明器具の傘の部分も該当しています。玄関ドアやその周辺でも金属製の鍵のシリンダーやドアノブ全体、金属製の装飾が付けられている玄関ドア回りも同等の技術を駆使して製造をしています。他にも自動車のボンネット内のエンジン回りの金属パーツなども該当しており、共通していることは1ミリの狂いもない同一のパーツを作り上げている殆どの金属が採用されてます。事例は他にもあり、一般的な方では気付かない場合がありますが、家具などに用いられている特殊なボルト、手摺を取り付けている住宅では、手摺の両端の金具も切削加工で製造しています。

自宅を見渡した場合、家電製品がたくさんあるものですが、各家電製品では外観からは確認はできませんが、内蔵されているパーツにも多用されているものなので、意外と身近な製品でも活用される特殊な金属加工法です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*