切削加工の例を紹介します

切削加工の例を紹介します。切削加工とは、金属や樹脂などの材料に専用の工具や機械を使って穴をあけたり削ったりして設計通りの形状をつくり出す加工方法です。一般的にはマシニングセンタという機械を使い、設計通りの形状に少しずつ切削しながら製品の成形します。大きさやデザインに応じて、旋盤やNCフライス盤、ジグ中ぐり盤などを選びます。

例えば丸い形状に加工することが得意な旋盤加工を使えば、棒状のシャフトやボス・ボルト・筒などがつくれます。大きなものは電車の車輪から小さいものは時計の部品までつくることが出来ます。扇風機の羽根のような複雑な形状のものや多面の切削加工が可能な5軸加工は、加工時間が長いうえにコストが高くなります。製造コストを抑えるポイントは、旋盤やフライス盤、NC(一般的な3軸加工機)などで加工可能な形状になるよう設計することです。

1~2軸加工品の例として、一つの方向から穴をあけたり切込みを入れることで出来る最も簡易にできる部品があります。穴加工のように1軸方向のみや同じ高さで輪郭や窪みを入れるなど平面的な加工もあります。フラットな板にネジやキリで穴をあけただけのベースプレートや、一部切り欠きや面取りを施したブロックなどが典型的です。多面加工品の例として、1~2軸加工品を1方向だけではなく複数の方向から施したものがあります。

1方向からの輪郭形状や穴・ポケット・切り欠き加工を行います。素材をひっくり返して向きを変えてから、それぞれの向きで形状加工します。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*