切削加工製品の加工例

生活の中で使用されている製品のパーツや部品を製作する際に切削加工という加工法が取り入れられています。製造業においては重要な技術とされており、この加工法を用いて例えば金属製のボルトなどが作られています。切削加工とは専用の工具を用いて対象物となる金属など素材の内側や外側を削り加工を行う技術です。製造現場ではコンピュータ制御が可能なマニシング加工機械が使用されています。

材料には主にアルミやステンレス、鉄といった金属、その他プラスチックや樹脂が使用されることも例外ではありません。切削加工には旋削加工・フライス加工・穴あけ加工といった加工方法があります。旋削加工は旋盤と呼ばれる対象物を回転させるための機械を使用し、バイトという工具を当てて素材を削り加工を行います。フライス加工は旋削加工とは反対に素材を固定し刃の方を回転させて加工。

穴あけ加工では、ドリルという工具を回転させて穴を開けたり、リーマという工具で穴の表面を整えます。切削加工のメリットは精密で繊細な加工でも比較的容易にできます。例えば射出成型加工で使用するような金型も不要なため初期のコストや納期までの時間がかからずに済みます。さまざまな素材を加工することが可能なため、多種多様な製品を作り出すことができるのです。

製造工程で出てしまう金属の破片などもリサイクルされており、環境にも配慮しています。切削加工の技術は私たちの身の回りにある、あらゆる製造製品の一部となって支えているのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*