プラスチックを加工するには射出成形がおすすめです

射出成形は溶けたプラスチックを金型に流し込んで冷やし、目的の形状を作る加工技術です。この方法でプラスチックを加工すると、様々な形状やサイズの製品や部品を簡単に作ることができます。複雑な形状にも対応可能で、後から仕上げ加工などを行う必要がほとんどないため効率的です。射出成形はプラスチックを連続して大量に、しかも素早く加工できるため生産性が非常に優れています。

金型の製作にはコストがかかりますが、一旦作ってしまえば材料を揃えるだけで加工が可能です。射出成形は生産性が優れているだけでなく、コストパフォーマンスもよいため製造業の現場で広く普及しています。高額な金型を製作しても、長期的に製品や部品を大量生産し続ければ総合的なコストを安く抑えることができます。この方法で生産されたプラスチック製品には様々なものがあり、人々の日常生活を支えています。

射出成形によって作られているものにはドライバーやハサミの取手の他にスマートフォンや携帯電話、パソコンなどがあります。自動車部品やテレビ、DVDやブルーレイディスクなどを作る場合にもこの技術が欠かすことができません。射出成形機は基本的に射出部と型締め部、コントローラーという3つの部分で構成されています。射出部のホッパーに材料を投入してシリンダーの熱で溶かし、噴射ノズルから型締め部の金型に注入されます。

最近では成形速度や圧力の他にシリンダーや金型の温度など、成形条件がコンピュータで制御されており簡単に高品質な製品や部品が作れるようになっています。射出成形のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*