切削加工で製品を作る具体的な方法とは

切削加工で製品を作る主な方法には、フライス加工と旋盤加工の2種類が存在します。フライス加工は工作物を固定して工具を回転させる方法で、旋盤加工は反対に工具を固定して工作物を回転させます。いずれの方法も工具を使って金属や木材を削り、目的の形状の製品を作る点は同じです。工作物と工具のいずれを固定するかによって、具体的な加工方法や製造できる製品に違いが現れます。

フライス加工は、回転軸に装着したフライス盤と呼ばれる切削工具を回転させて工作物を削ります。工作物を固定して工具を断続的に当てて切削加工を行うので、表面を平面や曲面にできる他に穴開けや溝削りなども可能です。フライス盤には工具を装着する主軸の方向によって横型と立形があり、本体が門のような形状の門型なども存在します。正面フライスや溝フライス、エンドミルなどの工具を使って工作物を目的の形状に削ります。

フライス加工を行う装置には手動で操作する汎用フライスの他にコンピュータが加工条件を制御するNCフライスやマシニングセンタ、NC歯車加工機などがあります。旋盤加工では円筒形状の工作物を回転させ、主軸に固定したバイトと呼ばれる刃物状の工具を当てて切削します。旋盤を使って円筒形状の工作物の外周を円形や先細形状にできる他に穴開けや中ぐり、ねじ切りや突切りなどの切削加工が可能です。製造業の現場では手動で操作する汎用旋盤や、コンピュータが加工条件を制御するNC旋盤が使われています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*