切削加工は金属や木材から様々な形状を作れます

切削加工とは工具を使って金属や木材を削り様々な形状を得るための技術で、フライス加工や旋盤加工が代表的です。大工が鉋やノミで木材を削るのも一種の切削加工ですが、製造業の現場では様々な装置を使ってフライス加工や旋盤加工が行われています。切削加工を行う装置には工作物を固定して工具を回転させるものと、工具を固定して工作物を回転させるものがあります。フライス加工は工具を回転させる代表的な方法であり、旋盤加工は工作物を回転させる代表的な方法です。

切削加工を行う方法のうちフライス加工では、回転軸に取り付けたフライス盤と呼ばれる工具を回転させます。固定した工作物に工具を断続的に当てるのが特徴で、表面を平面や曲面などに加工できます。フライス加工を行う装置には汎用フライスやNCフライス、マシニングセンタやNC歯車加工機などがあります。NCとはNumericalControlのことで、日本語では数値制御と訳されています。

コンピュータが内蔵されており様々な加工条件を自動的に制御してくれるので、初心者でも高品質な製品が作れます。旋盤加工は円筒形状の工作物を回転させ、主軸に固定したバイトと呼ばれる刃物状の工具を当てて加工します。工作物の外周を円形やテーパー状に加工できる他に、穴開けや中ぐりなどの加工も行うことができます。旋盤加工を行う装置には手動で操作する汎用旋盤、コンピュータが加工条件を制御するNC旋盤があります。

フライス加工や旋盤加工を汎用型の装置で行うには一定の技術が必要ですが、高品質な製品を作ることが可能です。切削加工を行う装置には様々なものがあり、製造業の現場では目的とする形状に応じて使い分けられています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*