切削加工には様々な種類が存在します

切削加工とは工具を使って金属や木材を削り目的の形状を得る技術のことですが、製造業の現場では様々な機械が使われています。機械には手動で動かすものとコンピュータが制御するものがあり、後者は高度な技術を持つ職人でなくても高品質な製品を作ることができます。大工が鉋やノミなどの工具で木材を削るのも一種の切削加工であり、複雑な形状の製品を作るには多くの時間と熟練の技術が必要です。コンピュータ制御の機械が普及したため、効率的に複雑な形状の製品も作ることができるようになりました。

切削加工には様々な種類がありますが、製造業の現場では一般的に工具を回転させる方法や工作物を回転させる方法によって行われています。前者の代表的な方法はフライス加工であり、回転軸に装着したフライス盤と呼ばれる工具を回転させ固定した工作物に断続的に当てて削ります。後者の代表的な方法は旋盤加工で、円筒形状の工作物を回転させ主軸に固定した刃物状の工具を当てます。切削加工の主な方法にはフライス加工と旋盤加工があり、製造業の現場ではそれぞれ機械を使った加工が行われています。

機械には手動で動かす汎用フライスや汎用旋盤の他に、コンピュータが制御するものが存在します。NCフライスやマシニングセンタ、NC歯車加工機やNC旋盤などを使うとコンピュータが自動制御するので効率的に製品を製造できます。切削加工は工作物を削るため材料の無駄が発生しますが、コンピュータが制御すれば素早く正確に加工できるだけでなく材料の無駄も減らせます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*