切削加工の種類と使う工具

切削加工には大きくターニングと呼ばれる旋削加工とミーリングと呼ばれるフライス加工、ドリリングと呼ばれる穴あけ加工があります。切削加工のなかの旋削加工は素材を機械で回転させて、回転させた素材に工具をあてて削る方法です。ターニングで削る素材は主に円筒状のもので、円筒の外周を削る外径加工や中心に穴をあける内径加工、溝を削り最後は切断する突っ切りなどの加工法があります。フライス加工は旋削加工とは逆に工具を回転させて、素材を加工する方法です。

素材が固定されているテーブルに回転中の刃を移動させて、滑らせるように削っていきます。テーブルと平行な面になるように削る平面加工や素材の側面を削る側面加工、素材に溝を掘る溝加工があります。穴あけ加工は言葉通り、工具を回転させて素材に穴をあける方法です。一般的な穴あけ加工のほかに、穴の中心に円筒コアを残す方法や穴を大きくしている加工法があります。

切削加工で使用する工具について旋削加工で使用するのは、旋盤と呼ばれる素材を固定し回転させる機械と素材を削るバイトと呼ばれる工具です。刃が一つの単刃工具で種類は高速度工具鋼とろう付け、刃先交換式があります。高速度工具鋼バイトはハイスバイトとも呼ばれ、ほかのバイトに比べて靭性が高いです。ろう付けバイトは鋼のシャンクに切れ刃をろう付けし、用途に合わせて刃先を研削して使えます。

刃先交換式バイトは、切れ刃を交換できるバイトです。フライス加工で使用する工具は、フライス盤と呼ばれる多刃工具です。多刃工具には正面フライスや平フライス、エンドミルなどの種類があり平面加工には正面スライスが使用され溝加工には平スライスやエンドミルが使われます。穴あけ加工に使用される工具は、テーブルの役割をするボール盤と穴をあけるためのドリルです。

ドリルには、さまざまな種類のものが存在します。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*