切削加工の種類を知ろう

金属加工メーカでは切削加工の技術が欠かせませんが、その加工技術には様々な種類があります。大まかには転削と旋削という、2つの種類に区分することができます。まず転削は工作物を固定した状態で、工具側を回転させる切削加工の技術を指します。この転削を代表する加工方法としては、フライス加工を挙げることができるでしょう。

これはフライス盤と呼ばれる切削工具を回転させ、それを固定した工作物に当てながら加工する方法。回転軸に取り付けフライス盤としては、主軸の方向によって様々なタイプに分けることが可能です。例えば横形と立形といった典型的なタイプの他、本体が門のような形状をした門形と呼ばれるタイプもあります。さらにフライス盤に取り付ける工具にも、正面フライスやエンドミルあるいは溝フライスなど色々な種類があり、工作物の加工目的に合わせて選択します。

もう1つの切削加工である旋削とは、固定した工具に対し、そこへ工作物を回転させながら当てる加工技術を指します。これを代表する加工方法には、旋盤加工がよく知られています。バイトと呼ばれる刃物状の工具を主軸に固定し、円筒形状の工作物を回転させながら加工していきます。そして手動による汎用旋盤やコンピュータ制御のNC旋盤など各種の旋盤を使用しながら、工作物を円形にしたり、穴あけや穴の拡大あるいはネジ切りや突切り、さらに先細形状にするなど、目的に合わせて様々な形に加工することが可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*